FC2ブログ
2012-06-28 (木) | Edit |
ある6月のお休みに、神戸の六甲山へ行きました

泊まったホテルは何でも、 皇族の方々がお成りになるという「六甲山ホテル」です

知っていおられる方も多いと思います

ちょっと、レトロなホテルです

良く、ホテルの朝食時に流れる鳥のさえずりは放送であり、何の疑問も持ったことがないのですが、

今回は、本物でした。ビックリ!!

ホーホケキョ・・・トッキョ・トキャキョク・・・

窓から、バードウオッチングができるのです


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お食事は、勿論洋食コース(事務局Lのまねっこです・・・でも、でも・・・ちょっと違います)

これは、コースの一部紹介です。ただし、ワインはのせておりません。

床にゴロゴロところがしているわけでもありません

みんな、おなかの中

なんでも、キャビアとフォアグラがどうちゃらというメニューでした??

IMG_0132(小)食事食事

食事  メニューの一部ですので、あとは、ホテルでご確認下さい

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

横道にそれましたが・・・・・

それでは本番です。

六甲には、知っておられる方もいらっしゃる方もあると思いますが、

「六甲山高山植物園」というところがあるのです。

今回は、ここがメインで行ったのですが・・・

山ガールの私も、ビックリ・・・

な・なんと、信州の某アルプスを歩いていた時に見た花が・・・・

なんでここに咲いているの???

3000M級の山だからこそみられると思っていたのに・・・・

六甲食事食事

まだ、まだ、いっぱいありましたが、ほんの極々一部です。

高山植物の多さにビックリ!!  もし機会がありましたら、どうぞ

でも、これから夏本番

日野病院の山ガール達へ、

かわいい高山植物を見たいで~す

おみやげに、写真でいいので(決して採ったりしてはいけません)ゲットしてきてね













2012-06-22 (金) | Edit |
6月16日~17日に「第50回 日本手術看護学会 中国地区大会」が出雲にて開催されました

天候は、雨のち曇り・・・当院から、二人の手術室看護師が出雲へ旅立ちました。期待を込めて

会場は「ビッグハート出雲」です

駐車場にうまく入れず、少しウロウロしましたが、無事到着。


学会開催前のオープニングでは、さ・すが~・・・神話の国、島根県!!!

本場の安来節、どじょうすくい踊りをで観ました

私も踊りたかった~  いつかデビューしますね

学会

感動から始まった学会・・・

「いのちの贈り物」と題した肺移植の講演、家族の大切さを改めて感じることができました。

臓器提供意志カードに早速名前を書いた私達です。

午後からは、待ちに待った有名人の登場に思わずカメラを向けたら、

「どうぞ、どうぞ、撮ってください。ブログにアップしていいですよ。」とのお返事。

とてもステキな山田邦子さんでした。

乳がんの手術を受けられた体験談を話され、笑い、涙・・・・と感動した講演でした。

感謝!  ありがとう!!  くにちゃん!!


学会


二日目は、「手術室看護が持つ匠の技」と題して土蔵愛子先生の講演。

私達が手術室で行なっている看護は、「匠の技」なのです。

かなり勇気づけられました。

これからも、成長しながら、頑張ります

今回、出雲に行かせてもらってほんと、良かった


学会







2012-06-13 (水) | Edit |
6月2日(土)Amな・なんと2時30分起床・・・朝ですよ

今日は、待ちに待っていた(?)大山夏山開きです

新緑に癒やされ、山道でであった方達との挨拶も心地よく、

リフレッシュには最高~

新緑

苦しいけれど、ステキな出会いもあり心豊かになれました

大山 050()

5時から登りはじめて、3時間で登頂・・ゴ~ル!

ここで、いつも思うことがあります。

「やれば出来る!」・・・・ホント、ほんとですよ。

    *-*-*-*-*-*-

ちょっと耳寄りな、ご紹介グッズです。

優れもの

これは、3分間でお湯が沸くという「ジェットボイル」といいます。

東日本大震災には大活躍であったという優れものです。


さあ!朝ご飯。

メニューはカップラーメンとおにぎり

そして、な、なんと食後のお抹茶・・・結構な、お手前です・・・

お茶

と、ここまでは良かったのですが・・・・・

翌日の朝、鏡に映るいつもの美しい顔が・・・な、なんと「おいわさん」

そして、筋肉痛。これは3日苦しみ、階段を降りるのがいつもの5倍の時間。

恐るべし、老化現象。

登山をされる方は、当然常備されるエアーサ○○○スと虫除けスプレーを

決してお忘れないようにしましょう。

でも、忘れても山が私を待っていてくれるのです。

次は何処へ・・・・